電子マネーの裏技まとめ

ポイントサイトからポイントでチャージ

インターネット上には多くのポイントサイトがあります。アンケートに答えたり、広告をクリックしたりするとポイントがもらえます。忙しい時にすると無駄ですが、テレビを見ながらなどながら時間を利用すると知らないうちにかなりポイントがたまっています。このポイントは現金化などができますが、手数料がかかるためすべてを現金化できない可能性があります。500円を現金化するのに50円や100円を支払うのはもったいないでしょう。そこで電子マネーへのチャージに使いましょう。ポイントサイトによっては、振り込み以外にチャージに対応しているところがあります。振込は手数料ありが多いですが、電子マネーだと手数料なしが多いです。数パーセント上乗せなどもあります。

できるだけブランドを意識して使う

電子マネーには、鉄道会社などが提供するタイプと、スーパーやコンビニなどが提供するタイプがあります。大手が運営しているタイプだと、いろいろなところで使えるようになっています。コンビニやドラッグストアに行くと、使える電子マネーが提示されていて、鉄道系もスーパー系も多くが使えるようになっています。どの電子マネーを持っていても支払えるので、1枚持っていれば済みます。でもポイントをためるならその方法はもったいないです。できるだけ多くの電子マネーを持つようにします。それぞれの電子マネーは、お店などでポイントの付与率が変わります。同じ系列、ブランドだと通常よりも付与率が上がります。カードは多くなりますが、よりポイントがたまります。